リグエキスパートのAA-30.ZERO(2)

さて、ATUで7038kHzに同調させた私のダイポールの測定をしてみましょう。

以下のような値が得られました。

...
7.037000 45.16 0.30
7.037500 45.31 0.19
7.038000 45.33 0.09
7.038500 45.29 -0.14
7.039000 45.28 -0.24
7.039500 45.44 -0.30
7.040000 45.31 -0.56
...

gnuplotを用いて、幾つかのグラフを描いてみます。

% gnuplot
gnuplot> plot "ant2.csv" using 1:2 with line linewidth 3, 
          "ant2.csv" using 1:3 with line linewidth 3

周波数範囲は、6.5MHzから7.5MHzで、紫色の線はR [ohm]、緑色の線はX [ohm]です。

もし、|Z|も表示させたいのであれば、描画コマンドはこうなります。

gnuplot> plot "ant2.csv" using 1:2 with line linewidth 3, \
          "ant2.csv" using 1:3 with line linewidth 3, \
          "ant2.csv" using 1:( abs($2+$3*{0,1}) ) with line linewidth 3

AntScopeを用いれば同様のグラフを得ることはできますが、私はあなたが自分でそれをやりたいだろうと信じています。

リターン・ロスは、以下のようにして求められます。

gnuplot> plot "ant2.csv" using 1:( -20.0 * log(abs( ($2+$3*{0,1}-50)/($2+$3*{0,1}+50) )) / log(10) ) with line linewidth 3


最後に、VSWRです。

gnuplot> plot "ant2.csv" using 1:( (1+abs( ($2+$3*{0,1}-50)/($2+$3*{0,1}+50) )) / (1-abs( ($2+$3*{0,1}-50)/($2+$3*{0,1}+50) )) ) with line linewidth 3

リグエキスパートのAA-30.ZERO

AA-30.ZEROは、筐体と液晶ディスプレイとキーパッドとを省いたアンテナアナライザーAA-30です。このボードは、USB/RS232C変換器を介してあなたのPCに接続することができます。

私は、私のArduino Unoを変換のために用いました。簡単なサンプルプログラムがここにあります。

// UART bridge for data exchange between 
// RigExpert AA-30 ZERO antenna & cable analyzer and Arduino Uno
//
// Receives from the Arduino, sends to AA-30 ZERO.
// Receives from AA-30 ZERO, sends to the Arduino.
//
// 26 June 2017, Rig Expert Ukraine Ltd.
//
#include <SoftwareSerial.h>

SoftwareSerial ZERO(4, 7);  // RX, TX

void setup() {
  ZERO.begin(38400);        // init AA side UART
  ZERO.flush();
  Serial.begin(38400);      // init PC side UART
  Serial.flush();
}

void loop() {
  if (ZERO.available()) Serial.write(ZERO.read());    // data stream from AA to PC
  if (Serial.available()) ZERO.write(Serial.read());  // data stream from PC to AA
}

私のMac miniで、ボードはうまく動作しました。どのようなコマンドがあるかは、ここを見て下さい。https://rigexpert.com/products/kits-analyzers/aa-30-zero/getting-started-with-the-zero/

示されている値は、それぞれ周波数[Hz]、R [ohm]、X [ohm]です。この測定はRF出力端子に負荷を何も繋がない状態で行ったので、RやXの値は比較的大きく、また、あまり安定していません。

もし、あなたがそれが好みであれば、Arduino IDEとそのシリアルコンソールを使うことも勿論可能です。

Raspberry PI 3用のADCボード

PCM1808(24-bit 96kHz ステレオ AD変換器)を用いた、ADCボードです。

http://select.marutsu.co.jp/list/detail.php?id=258

pi@raspberrypi:~ $ arecord -l
**** List of CAPTURE Hardware Devices ****
card 0: sndrpipcm1808ad [snd_rpi_pcm1808_adc], device 0: PCM1808 ADC HiFi pcm1808-dai-0 []
  Subdevices: 1/1
  Subdevice #0: subdevice #0

pi@raspberrypi:~ $ arecord -vD hw:0,0 -c 2 -d 60 -r 96000 -f S16_LE test96.wav
Recording WAVE 'test96.wav' : Signed 16 bit Little Endian, Rate 96000 Hz, Stereo
Hardware PCM card 0 'snd_rpi_pcm1808_adc' device 0 subdevice 0

LilyPond(2)

あなたは、あなたのソースコードをLilyPondが生成するMIDIファイルを再生することによってデバッグできます。\scoreブロックの中に、\midiブロックを挿入するだけです。

\score {
  \new StaffGroup &lt;&lt;
    \new Staff &lt;&lt; \global \violineOne &gt;&gt;
    \new Staff &lt;&lt; \global \violineTwo &gt;&gt;
  &gt;&gt;
  \layout { }
  \midi {
    \tempo 2 = 90
  }
}

LilyPond

LilyPondは、楽譜を作成するためのプログラムです。

どのように動作するのか見てみましょう。これが、ソースコードです。解読は容易でしょう。これを書くのに5分間程かかりました。

\version &quot;2.18.2&quot;
\header{
  title = &quot;Sinfonie in g&quot;
}

global = {
  \tempo &quot;Molto Allegro&quot;
  \time 2/2
  \key g \minor
}

violineOne = \new Voice \relative g''{
  \set Staff.instrumentName = #&quot;Violin 1 &quot;

  \clef &quot;treble&quot;
  r2 r4 ees8(\p d) d4 ees8( d) d4 ees8( d) d4( bes')
  r4 bes8( a) g4 g8( f) ees4 ees8( d) c4 c
  r4 d8( c)
}

violineTwo = \new Voice \relative g'{
  \set Staff.instrumentName = #&quot;Violin 2 &quot;

  \clef &quot;treble&quot;
  r2 r4 ees8(\p d) d4 ees8( d) d4 ees8( d) d4( bes')
  r4 bes8( a) g4 g8( f) ees4 ees8( d) c4 c
  r4 d8( c)
}

\score {
  \new StaffGroup &lt;&lt;
    \new Staff &lt;&lt; \global \violineOne &gt;&gt;
    \new Staff &lt;&lt; \global \violineTwo &gt;&gt;
  &gt;&gt;
  \layout { }
}

ソースファイルをセーブしてコンパイルして、pdfファイルを得ます。そうら、できた!

Raspberry PIとpigpioライブラリ(2)

シェルコマンドpigsが、GPIOを制御するために提供されています。

pi@raspberrypi:~/Zpigpio $ sudo pigpiod

pi@raspberrypi:~/Zpigpio $ pigs w 4 1
pi@raspberrypi:~/Zpigpio $ pigs r 4
1
pi@raspberrypi:~/Zpigpio $ pigs w 4 0
pi@raspberrypi:~/Zpigpio $ pigs r 4
0

Raspberry PIとpiscope

piscopeは、Raspberryのためのディジタル波形ビューアーです。それは、選択されたGPIOの状態(ハイかロー)を、ローカルでもしくはリモートで表示します。